c0324453_12303540.jpg



買いましたけどさ!



カモネギです。
わたしゃもはやカモネギですよ。

VRを少しなめていたよね。

その時の私をぶん殴るかドン殴るかずん殴りたい。
もはやあの時の私は外の世界を知らない籠の鳥。
もしくは、母乳やミルクの味しか知らない赤ちゃん。

外を覗く。
味を知る。
もはや。


知らなかった頃には戻れません!



もう一度言いますね。




知らなかった頃には戻れません!戻るもんか馬鹿野郎。



てなわけで。


まずは付属のVRゴーグル。

私はまず折り紙とか苦手。
子供の本の付録とかでも作り切ったことが
ございません。

なんか訳の分からない紙にレンズ。

後は多分折るんだな。
な、折れ線。


今まで全てのそういった付録を作るのは
私ではなく主人。
しかしながら、主人の帰りを待つと何時間もかかる。

上に。


もし出来上がり。

主人に。



はい。と、手渡され。
その場で見ることになったら。
なったなら?

なってしまったなら?




嫁がなんか訳の分からん付録のレンズをかけ。
ギャーギャー言いながら。
ひろしー!だの、准くん!だの、よっちゃん!
だのと。


叫ぶ姿を見せて良いのか。
叫ぶ姿を見せて今後の夫婦生活は大丈夫か。
彼は私を多分愛してくれてはいるだろうが。
にへへー。と笑いながら。
手を伸ばす嫁を主人は受け止めてくれるだろうか?



多分大丈夫。
多分大丈夫だけど。

一抹の不安は拭えない。


もし、逆だったら?
と、仮定してみよう。
主人がにへにへと。
アイドルのVRを見ながら手を伸ばす。


私なら。


愛は変わらないが。

…何かは変わる←素直。



の為。




自力制作。←決定事項。

しかしV6への愛は私の立体空間認識の苦手さを
諸共せず。
VRの博を見たい欲が私を奮起させる。

そして。
無事に制作完了。
時間はかかった。

多分、組み立てた方ならわかる。

あんな簡単なのに何分もかかるもんだろうか。



しかしながら私はかかる。
なんなら軽く15分くらい。
折るだけじゃん?と、私も思う。

左様。

折るだけであります。

しかしながら、出来上がりが予想すらできないのがわたし。
紙が立体になりやがるのだ。
想像が無理。
でも、見たい。
見るならば組み立てねばならない。
折ればよい!そうよ私、折ればよいのよ!


I can do it!



そして私はやり遂げたのだ!←大袈裟。

作り上げるだけで愛情がわく。
そう、私はVRゴーグルというアイテムを作り上げた!

ロープレ風に言えば…


こころはVRゴーグル(紙製)を手に入れた!!レベルアーップ!←てれれれってってってー♪



あたまの中で。
ドラクエの音楽流れたわ。


一瞬無事に作れたことが嬉しくて他は置いておきたくなったが。

まずアプリをダウンロードしなくちゃいけない。



危ない危ない…( ;∀;)


見るまでにどんだけかかるのよ私。



と思いながらも。
無事にアプリを取り込み。
はて。

はてさて。



後は勘!勘でたどり着いた感満載!(笑)



見たい欲が勝ちまして。
何故かそれからすぐにスマホを入れて。
装着。


勘でスタートを探り当てる。
もはや博欲まみれ。
早く見たい。
それしかないわけで。


組み立てるまでに時間がかかるからさー。
説明書はちゃんと読みましたよ。
だからかしら?

ちゃんと視点をあわせるのも。

やりましたからね!



もはや後は、始まるだけ…。



子供らは習い事に行っている。

家に居るのは私と犬のこころのみ。


どれだけ怪しい発言をしようが。
奇声を発しようが。
不思議な動きをしようが。

自由な訳だ。

こころが吠えるくらいである。



で、実際のところ。




奇行と奇声を発する飼い主から。
距離を取るこころさん。

当然である。


ソファの端に寄り、ゴーグルを外したにも関わらず目が合わない。
かなり怪しかったらしい。



当然である←2回目。




戒めを込めて。


別の部屋に移動。

途中、紙製の箱らしき物←ゴーグル。を持ち。
ニヤケながらの自分の顔が姿見に映った瞬間。


若干舌を噛みちぎりたくはなりましたが←え。



そんなことしてる時間が惜しいわけ。
それくらいみたい。
つうか衝撃。



すげーよ。


目の前にV6。
目の前に博。


あれ?私大枚叩いたの?
目の前にV6。
しかも独り占め。

あれ?億払った?
払い切ったかしら?

なに、私どんだけ徳を積みましたか?

現世でなんかミラコー引き当てたの?




なくらいの、衝撃。




もはや質感。

リアルな質感。



身幅がさ、わかるの。
博の身幅がわかるの。
博の量感がわかるの。




∑(゚Д゚)その衝撃たるや!


全く感じた事のない。
そんな感じ。

リアル過ぎない、バーチャル。
バーチャルの中のリアル。


つまりは。




大好きな博がそこにいる感覚ゲットだぜ!



だったのよ。


あー、どうかしてるわ。
どうかしてる。


徳も積まず、億も払わず。
手に入れられる時代が来るとは。
すげーな、V6。
すげーな、事務所も。


良くやらせてくれました。


ありがとう、ジャニーズ。

ありがとう、エーベックス!
ホンマにお願いいたします。

次もVRでお願いします!



次もその次もお願い。



とりあえず、誰が近くに来ても嬉しく。
ニマニマしてしまうけど。
いつの間にか博を見ているので。


それ以外の事が。



なかなか曖昧な事実←どない?



とりあえずVRは。

博を眺め、博を見つめ、博を見倒す。



それが正しい使用方法と思っているので。





もはや他の人の格好よさが。
自分の中でまだ落とし込めず。
何回見ても。
博から目を話した瞬間のVRは。


他の5人があまりにも素敵で。


尚且つ何回見ても博バカな私は。
博しか見てないもんだから。




何回他のメンバーを見ても新鮮なまま♡




というね。


新鮮なんです。
何回見ても、視線が博に戻るもんで。
即ち意識も博に戻るもんで。


はっ∑(゚Д゚)とするわけです。

ど正面に来たらさ。




で、叫ぶ。



結果叫ぶ。




あまりにも剛くんがカッコ良いことは。
身にしみました。

かっこよ過ぎて叫ぶという。


なかなかマニアな楽しみ方をしています。



そうそう。


お友達で後頭部をガン見したい。

と、私と同じ気持ちの方がいて。
非常に嬉しく、非常に心強いです(笑)
見たい人は違えども。


私も博の後頭部、それから肩から上の後ろ姿。

を、ずっと眺めていたいと思います。




にしても。


なんなのよ、あの立体感。


本物具合が遺憾無く発揮なされます。




博が歩く、動く、ターンする。


それを見ている間は。



ひたすらに息を殺しつつ。




神経を集中。

全神経を集中。





怪しいことこの上ないし変態度もどマックス!




V6は素直に。

あーすげー!リアルだなあ。

くらいに感じているかもしれませんが。




ファン。
しかもヲタファンの私くらいになると。





もはや。




あんな事やこんな事やそんな事。



を。


倫理観取っ払うこのVRゴーグルがあればですよ。





神に感謝しなければならない世界が広がっているわけです。
ありがたい。
ありがとう。



子羊の群れ。つまりは美味そう。←V6
魑魅魍魎蠢く羊を喰らわんとする群れ←ファンの皆様。



に。



敢えて投げ込むとは。



大人だからって旨味は増しているわけで。
ファンは貪欲ですよ。



投げ込んでくれたのか。
身投げしてくれたのかはわからないけど。




手近な所で天国には行けます。


そして。





墓まで持って行きますとも。はい。




簡易VRゴーグルでは飽き足らず。

VRゴーグルを購入。



いろんな意味で派生するお金と。
それを諸共思わない私の頭の中は。



今んとこ、頭振ったら。



V6が溢れます(笑)




脳じゃないだけまだマシ←やめろ。








[PR]
# by kokoronk3 | 2017-03-21 22:29 | V6

大好きなV6を応援しつつ、私自身も成長したい。もがきながらでも半歩ずつでも前に進めたら御の字だ。